このブログはFX取引や株式取引など、主にネットを使って投資をするのための口座開設や取引ノウハウを特集したブログです。 それぞれの会社の特色を比較して、あなたに合った取引会社を選んでください。また、このブログからの口座開設も可能となっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NYダウ8000ドル割れ日経平均8000円割れ
サブプライム、リーマンショック、世界同時金融不安、円高・・・・。

10年に一度、いや100年に一度の相場だと言われている今。
考えようによってはこんなチャンスは無いだろう。
悲観的相場こそ、買いのチャンス。とは言ったものです。

現在の為替や株価の水準は、
この何年かかけて積みあがってきたものが崩れてかなりの割安感になっていることは事実。
でも、ここからさらに下げる可能性も十分にあるのも事実。

だけれども、
レバレッジをかける時はロスカットを設定するなど、
下げたときのリスク管理さえできれば、
この辺から買いのポジションを持つのも、悪くない判断だと考えられます。

事実、ここ最近はネット証券口座開設数が軒並み盛況の様子で、
個人投資家が虎視眈々と参戦の機会を覗っているようです。


『悲観的相場こそ、買いのチャンス。』
こう判断して、実際利益を揚げている方も多くいらっしゃるのも事実です。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
野村證券のサービス

スポンサーサイト

関連タグ : ダウ8000ドル割れ, 日経平均8000円割れ, リーマンショック, 買いのチャンス, ロスカット, 買いのポジション, 個人投資家, ネット証券, 口座開設数,

このところの荒れ模様の相場展開の中で、
注目の投資対象があります。

ETF(Exchange-Traded Fund)上場投資信託というもの。

株はその時々で何を買うか銘柄選びが難しい節があります。
だがETF、その中でも日経平均株価TOPIXと連動するETFの銘柄を取引するならば、
株の銘柄を選ぶよりもとてもカンタン。
投資信託と株のイイトコ取りをしたようなものだと考えると良いかも知れません。
投資信託の日経平均インデックスファンドの株版と考えるとイメージができるでしょうか?

つまり、日経平均やTOPIXを銘柄に見立ててトレードできるので、
個別の銘柄の様な思惑的な値動きが少なく、方向性を掴みやすいと言うのが魅力。

極端な話、日経平均株価が安くなったら、
日経225連動などのETFを買い、
上がったら好きなときに売れば良い。
投資信託のような約定から受け渡しまでのタイムラグが無いので、迅速に売買可能。
個別銘柄の株を買うより流動性にも富み、
しかも手数料も安い。

日経平均が1万円を割っている今、仕込んでおくと言う選択肢も有りではないか?と思います。
下手な株を塩漬けにしてしまうより、よっぽどリターンの可能性が高いと思われます。
企業倒産により証券が紙切れと化するリスクも段違いです。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
建設情報のビズブリネット・ドットコム
始めてみよう日経225取引

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。