このブログはFX取引や株式取引など、主にネットを使って投資をするのための口座開設や取引ノウハウを特集したブログです。 それぞれの会社の特色を比較して、あなたに合った取引会社を選んでください。また、このブログからの口座開設も可能となっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆投資スタイルの決定:スワップ金利で儲ける


長期(2日以上)で外貨を保有する場合に
通貨の金利差による利息が発生します。

ちなみにデイトレードでは、金利は発生しません。

現在、日本は史上稀に見る超低金利が続いているので、
外貨を買っている場合は、利息を受け取ることが出来ます。
逆に外貨を売りに出した場合は、利息を払うことになります。

この差額をスワップポイントスワップ金利といいいます。

例えば仮に、米ドルの金利が5%、日本円の金利が0.5%だとします。

このとき、米ドル/円のドル買いをすると、
5%-0.5%=4.5% が、受けることの出来る金利になります。

外貨預金で運用した場合、さらに数%銀行にサヤを抜かれて、
受け取る金利はもっと少なくなってしまいます。

1998年の外為法改正まで、
この外貨市場は、銀行と証券会社の独占市場でした。

金融庁の護送船団方式に守られて、
一般投資家はずーっと不当なサービスを受けてきたのです。

今ではFXの取引の仕組みを使って外貨を買うだけで、
毎日スワップ金利によるが発生しますので、それだけで利益になります。

このように、日本の預金金利が低いことを逆手に取り、
積極的にスワップ金利を取りにいく投資スタイルスワップ派といいます。

ただFXを取り扱う会社によって、設定されているスワップ金利が違いますので、
また銀行にお金を預けても金利の変動があるように
日々スワップ金利も変動していますので
チェックしてみてください。

長期で外貨を保有するならスワップ金利の良い会社を選ぶと良いでしょう。



ブックマークに追加する
スポンサーサイト

関連タグ : FX, スタイル, スワップ金利, 長期, 金利差, 利息, デイトレード, 低金利, スワップポイント, 米ドル 外貨預金 外為法改正 一般投資家 ,

こう言うHPがあるのをご存知ですか?

日本の借金時計~財部誠一HP
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm

・・・。

ご覧になった方はお分かりのように、
現在の日本の国家財政における借金をおおよそシュミレーションしたものです。

2008年現在、日本の税収による収入は100兆円に満たないものです。
つまり、普通の家計に置き換えれば完全な債務超過状態にあります。
ここ最近では韓国・ロシア・アルゼンチンと言った国々が、
国家財政破綻を起こしたのは記憶に新しいところです。

ロシアを例に挙げると、
1990年代にロシアので財政破綻が起こったとき、
ハイパーインフレが起こり、ルーブルの価値が一気に1000分の1になりました。
現在のロシアの富裕層と呼ばれる人たちのほとんどは、
その時どうしていたか?

それは『外貨資産を持っていた』と言うことです。

当時のロシアでルーブル建てでしか資産をもっていなかった人たちのほとんどは、
このハイパーインフレで資産を一気に失ってしまいました。
ところが、外貨資産を持っていた人たちは、その逆で一気に富裕層へ。

日本で同じことが起こらないとは限りません。相場に絶対が無いように。
現に、こうして数字で見ると、破綻へ向けたカウントダウンを進めているように見えます。
必ずそうなるとは言えませんが、可能性は高くなっていると言えます。
Xデー。その時は突然やってきます。

国家財政破綻に備える保険的意味でのFX。
そう考えると、低いレバレッジで長期運用する口座も魅力的ではないでしょうか?
財政破綻が無くても、普通の外貨預金より何十倍もお得な運用です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。