このブログはFX取引や株式取引など、主にネットを使って投資をするのための口座開設や取引ノウハウを特集したブログです。 それぞれの会社の特色を比較して、あなたに合った取引会社を選んでください。また、このブログからの口座開設も可能となっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


株や為替など、持っているポジションより値が下がっているとき、
同じ銘柄を買い増しすることで購入平均価格を下げる投資方法。
ただし、平均価格は下がるが、保有するポジション数は大きくなるので、実はハイリスク
ナンピンした後も相場が下げ止まらない場合、損失は膨らむので注意が必要。
相場が反転上昇して利益ラインまで戻るまで塩漬けにするか?
涙を飲んでロスカットするか?の決断を迫られる事となる。
『下がったらとりあえずナンピン』と言うのは資金量のある投資家のみが出来る芸当。
ところが、多くの個人投資家が『授業料』と称して一度ならずとも経験があるのでは?




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
在宅でできる!固定報酬10万円ビジネス!



スポンサーサイト

関連タグ : 買い増し, 平均価格を下げる, ロスカット, 塩漬け, ナンピン, 授業料,



NYダウ8000ドル割れ日経平均8000円割れ
サブプライム、リーマンショック、世界同時金融不安、円高・・・・。

10年に一度、いや100年に一度の相場だと言われている今。
考えようによってはこんなチャンスは無いだろう。
悲観的相場こそ、買いのチャンス。とは言ったものです。

現在の為替や株価の水準は、
この何年かかけて積みあがってきたものが崩れてかなりの割安感になっていることは事実。
でも、ここからさらに下げる可能性も十分にあるのも事実。

だけれども、
レバレッジをかける時はロスカットを設定するなど、
下げたときのリスク管理さえできれば、
この辺から買いのポジションを持つのも、悪くない判断だと考えられます。

事実、ここ最近はネット証券口座開設数が軒並み盛況の様子で、
個人投資家が虎視眈々と参戦の機会を覗っているようです。


『悲観的相場こそ、買いのチャンス。』
こう判断して、実際利益を揚げている方も多くいらっしゃるのも事実です。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
野村證券のサービス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。