このブログはFX取引や株式取引など、主にネットを使って投資をするのための口座開設や取引ノウハウを特集したブログです。 それぞれの会社の特色を比較して、あなたに合った取引会社を選んでください。また、このブログからの口座開設も可能となっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


超短期売買に徹して、ポジションを次の日に持ち越さない投資スタイル個人投資家に多く見られる。
株にしろ、為替にしろ、短ければ数十秒~数分の値動きの幅で利益確定(または損切り)する。
市場の急変に素早く対応できるというメリットがある反面、取引ツールの的確な操作が求められたり、
取引回数を重ねなければ利益を取れない、ポジションを持ったら相場に張り付いていなければならないと、言う様なデメリットもある。
ポジションを持ち越さないことが最大のリスク回避』と言う考え方に基づいている取引スタイルで、
海外市場の急落やライブドアショックの時ような夜間の事件があった時でもまったく影響を受けない。
デイトレードのつもりで持ったポジションを、あえてトレンドについて行って数日間持ち越し、
利益を伸ばすスイングトレードと言う投資スタイルと組み合わせる投資家も多い。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
気になる情報の架け橋
北海道の不動産事情


スポンサーサイト

関連タグ : 超短期売買, 投資スタイル, 個人投資家, 利益確定, ポジションを持ち越さない, リスク回避, デイトレード, スイングトレード, 利益を伸ばす,

◆投資スタイルの決定:スワップ金利で儲ける


長期(2日以上)で外貨を保有する場合に
通貨の金利差による利息が発生します。

ちなみにデイトレードでは、金利は発生しません。

現在、日本は史上稀に見る超低金利が続いているので、
外貨を買っている場合は、利息を受け取ることが出来ます。
逆に外貨を売りに出した場合は、利息を払うことになります。

この差額をスワップポイントスワップ金利といいいます。

例えば仮に、米ドルの金利が5%、日本円の金利が0.5%だとします。

このとき、米ドル/円のドル買いをすると、
5%-0.5%=4.5% が、受けることの出来る金利になります。

外貨預金で運用した場合、さらに数%銀行にサヤを抜かれて、
受け取る金利はもっと少なくなってしまいます。

1998年の外為法改正まで、
この外貨市場は、銀行と証券会社の独占市場でした。

金融庁の護送船団方式に守られて、
一般投資家はずーっと不当なサービスを受けてきたのです。

今ではFXの取引の仕組みを使って外貨を買うだけで、
毎日スワップ金利によるが発生しますので、それだけで利益になります。

このように、日本の預金金利が低いことを逆手に取り、
積極的にスワップ金利を取りにいく投資スタイルスワップ派といいます。

ただFXを取り扱う会社によって、設定されているスワップ金利が違いますので、
また銀行にお金を預けても金利の変動があるように
日々スワップ金利も変動していますので
チェックしてみてください。

長期で外貨を保有するならスワップ金利の良い会社を選ぶと良いでしょう。



ブックマークに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。