投資用語集

ここでは、「投資用語集」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


株や為替など、持っているポジションより値が下がっているとき、
同じ銘柄を買い増しすることで購入平均価格を下げる投資方法。
ただし、平均価格は下がるが、保有するポジション数は大きくなるので、実はハイリスク
ナンピンした後も相場が下げ止まらない場合、損失は膨らむので注意が必要。
相場が反転上昇して利益ラインまで戻るまで塩漬けにするか?
涙を飲んでロスカットするか?の決断を迫られる事となる。
『下がったらとりあえずナンピン』と言うのは資金量のある投資家のみが出来る芸当。
ところが、多くの個人投資家が『授業料』と称して一度ならずとも経験があるのでは?




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
在宅でできる!固定報酬10万円ビジネス!



スポンサーサイト

関連タグ : 買い増し, 平均価格を下げる, ロスカット, 塩漬け, ナンピン, 授業料,



超短期売買に徹して、ポジションを次の日に持ち越さない投資スタイル個人投資家に多く見られる。
株にしろ、為替にしろ、短ければ数十秒~数分の値動きの幅で利益確定(または損切り)する。
市場の急変に素早く対応できるというメリットがある反面、取引ツールの的確な操作が求められたり、
取引回数を重ねなければ利益を取れない、ポジションを持ったら相場に張り付いていなければならないと、言う様なデメリットもある。
ポジションを持ち越さないことが最大のリスク回避』と言う考え方に基づいている取引スタイルで、
海外市場の急落やライブドアショックの時ような夜間の事件があった時でもまったく影響を受けない。
デイトレードのつもりで持ったポジションを、あえてトレンドについて行って数日間持ち越し、
利益を伸ばすスイングトレードと言う投資スタイルと組み合わせる投資家も多い。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
気になる情報の架け橋
北海道の不動産事情



株価為替値動き平均値をグラフ化したもの。
チャートを使って取引をする(テクニカル)なら基本的な指標となる。
例えば株価の日足ならば、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線の3つの線を描いて、
短・中・長期のトレンドと現在の株価の水準を見て、相場の見通しを立てるやり方が一般的。
全ての平均線が右肩上がりならば、『力強い上昇トレンドと見ることが出来るだろう。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
書斎の椅子




日経平均株価などの株価指数とおおむね値動きが連動する投資信託の一種。
2001年7月より東証と大証に上場される。
株の個別銘柄のように売買が可能なため『上場投資信託と呼ばれている。
株と投資信託のオイシイところを合わせたような性質で、
日経平均連動型のETFなら、日経平均の値動きに注目すればよいので、
投資初心者にもオススメ。安く買っておいて値上がりしたら売り。
株価が安い今、仕込み時と思えなくもない。
また、信用口座を持っているならカラ売りが出来るので、リスクヘッジにも使える。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
建設情報のビズブリネット・ドットコム
携帯にもSEOは必須



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。