FX・FXの基本

ここでは、「FX・FXの基本」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆金利差で比較


外貨預金にも普通預金定期預金があり、
金利の高い定期預金で運用するのが一般的です。

FXの場合、この金利に相当するものをスワップ金利と呼びますが、
満期にならないと受け取る事ができない外貨定期預金と違い、
FXスワップ金利は毎日受け取る事ができます。
しかも、満期を待たないと解約できない外貨預金と違い、
FXでは運用期間を自分で決められるので、
運用した期間分のスワップ金利を受け取ることが可能となります。

さらにスワップ金利は、外貨預金の金利と比較しても断然有利です。

外貨預金の金利は現在良くて米ドルの場合4%なので、1万米ドルを外貨預金した場合、
1年後に受取る金利は日本円で約38,000円です。(税引後)

この1万米ドルをFXで運用すると、スワップ金利は1日約140円も受取れるので、
1年後にはスワップ金利だけで約50,000円にもなります。




ブックマークに追加する
スポンサーサイト

関連タグ : 外貨預金, 普通預金, 定期預金, スワップ金利, FX, 満期, 解約,

FX最大の魅力レバレッジとは?


レバレッジとは「てこ」という意味です。

FXでは自己資金に対し、
業者によってはレバレッジをかけることで、
200~400倍まで資金を運用することが出来ます。

しかし、ここで注意しなければならないことは、
レバレッジを大きくすると大きな利益を得ることが出来ますが、
逆に損益が出た時には大きな損失となります。

ですが、
このレバレッジをうまく使うことで、
株式投資では不可能に近い高利回りを享受することができます。

一般に株式取引では、10~30%の年間リターンを継続的に上げることは、
非常に難しいと言えます。

FXでは、例えば、米ドルのスワップ金利が5%とすると、
レバレッジ10倍で、5%×10倍=50%
レバレッジ20倍で、5%×20倍=100%

と計算上はいとも簡単に、高利回りを出すことができます。

また、短期取引の場合は、さらに高レバレッジの方が資金効率がよいです。

このレバレッジこそが、FX最大の魅力であるとともに、
FX初心者にとって、破産に近いダメージを受けかねない最大のリスクでもあります。
そのためには、適切な為替水準ポジションを作る必要があります。

つまり、いつ買って、いつ売るのか?

簡単に言えば、
『安く買って、高く売る』
トレンドに逆らわない順張りで取引をする』
と言うことが出来るかもしれませんが、
なかなか難しい事と思います。

そこでまず、
初心者の方は小資金でレバレッジを低くして(せいぜい2倍~5倍)
スタートと良いでしょう。



ブックマークに追加する

FXのルール


FXの特徴のひとつに、
少ない資金でも大きな金額取引ができる』という点があります。

これは、「保証金※」という仕組みによって成されるものです。
(※取引口座内へと入金した資金を保証金という形で預け担保とした上で、
数倍の規模の外貨を売買するという仕組み)

例えば、
1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合にかかる費用は、
1ドル=120円であれば総額で120万円の資金が必要です。

FXの場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買する場合に、
それよりはるかに少額の保証金でも取引が可能です。
最低保証金の額はFX会社によって異なりますが、
例えば1万ドルの米ドル取引する際に必要な保証金額は、平均的に10万円程度です)



ブックマークに追加する

FXの歴史


FXは1998年4月の『外国為替法』の改正により、
日本でも個人投資家が参入できるようになりました。

それ以前の日本はどうだったかと言うと、
外貨取引は取引の単位が大きい上、
銀行などの金融機関でしか取引をすることが出来ませんでした。

欧米諸国では、1980年代から個人投資家へのサービスが始まり、
現在では、世界各国で24時間取引されています。

日本ではまだFXは知名度が低く、株式投資のようにポピュラーではありませんが、
ここ2~3年で、個人投資家の参入が急増しています。




ブックマークに追加する

FXリスク


FXリスクが大きいから、やらない方がいい」
なんていう人がたくさんいますが、
FXに限らず投資全般で言えることは、
リスクについて知らない事が、
それこそ1番のリスクであると言えます。

特に初心者の方は、
まずFXリスクがどういうものかをしっかりと理解する事です。

FXリスクは大きく分けて3つあります。

1つ目、
価格変動金利差によって生じる損失です。
外国為替レートは株と違い24時間常に変動しています。
当然、値上がりすると思って買った通貨が値下がりすることもあります。
その際、為替の変動分の差損を被ることになるので注意が必要です。


2つ目、
オンライン取引によるリスクです。
最近ではFXはほとんどがオンラインによる取引なので、
インターネット接続障害やサーバーのダウン、通信機器の故障などにより、
取引が正常に行えなくなる場合も無い訳ではありません。
また、電子認証に用いられる個人情報などが第三者に漏れたりした場合、
その情報を悪用される可能性もあります。

3つ目は、
信用リスクです。
FXは公的保護の対象にはなっていないので、
万が一FX取引会社が破綻した場合には保証金の返還が保証されません。
信託保全をしているFX取引業者も増えてきていますが、
『基本的に元本保証はないもの』と考えておく必要があるでしょう。




ブックマークに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。