このブログはFX取引や株式取引など、主にネットを使って投資をするのための口座開設や取引ノウハウを特集したブログです。 それぞれの会社の特色を比較して、あなたに合った取引会社を選んでください。また、このブログからの口座開設も可能となっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


超短期売買に徹して、ポジションを次の日に持ち越さない投資スタイル個人投資家に多く見られる。
株にしろ、為替にしろ、短ければ数十秒~数分の値動きの幅で利益確定(または損切り)する。
市場の急変に素早く対応できるというメリットがある反面、取引ツールの的確な操作が求められたり、
取引回数を重ねなければ利益を取れない、ポジションを持ったら相場に張り付いていなければならないと、言う様なデメリットもある。
ポジションを持ち越さないことが最大のリスク回避』と言う考え方に基づいている取引スタイルで、
海外市場の急落やライブドアショックの時ような夜間の事件があった時でもまったく影響を受けない。
デイトレードのつもりで持ったポジションを、あえてトレンドについて行って数日間持ち越し、
利益を伸ばすスイングトレードと言う投資スタイルと組み合わせる投資家も多い。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
気になる情報の架け橋
北海道の不動産事情


スポンサーサイト

関連タグ : 超短期売買, 投資スタイル, 個人投資家, 利益確定, ポジションを持ち越さない, リスク回避, デイトレード, スイングトレード, 利益を伸ばす,



NYダウ8000ドル割れ日経平均8000円割れ
サブプライム、リーマンショック、世界同時金融不安、円高・・・・。

10年に一度、いや100年に一度の相場だと言われている今。
考えようによってはこんなチャンスは無いだろう。
悲観的相場こそ、買いのチャンス。とは言ったものです。

現在の為替や株価の水準は、
この何年かかけて積みあがってきたものが崩れてかなりの割安感になっていることは事実。
でも、ここからさらに下げる可能性も十分にあるのも事実。

だけれども、
レバレッジをかける時はロスカットを設定するなど、
下げたときのリスク管理さえできれば、
この辺から買いのポジションを持つのも、悪くない判断だと考えられます。

事実、ここ最近はネット証券口座開設数が軒並み盛況の様子で、
個人投資家が虎視眈々と参戦の機会を覗っているようです。


『悲観的相場こそ、買いのチャンス。』
こう判断して、実際利益を揚げている方も多くいらっしゃるのも事実です。




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
野村證券のサービス

FXの歴史


FXは1998年4月の『外国為替法』の改正により、
日本でも個人投資家が参入できるようになりました。

それ以前の日本はどうだったかと言うと、
外貨取引は取引の単位が大きい上、
銀行などの金融機関でしか取引をすることが出来ませんでした。

欧米諸国では、1980年代から個人投資家へのサービスが始まり、
現在では、世界各国で24時間取引されています。

日本ではまだFXは知名度が低く、株式投資のようにポピュラーではありませんが、
ここ2~3年で、個人投資家の参入が急増しています。




ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。